住宅の依頼

GOODサインのコールセンター員

注文住宅といってもその幅はとても広く選択する建築会社によって自由度も大きく異なるのです。比較的選択の幅が狭いとされるのがハウスメーカーやハウスビルダーと呼ばれる建築会社です。ハウスメーカーとハウスビルダーに正確な定義の違いはありませんがハウスメーカーのほうが大きい組織、より広い地域で事業を展開しています。ハウスビルダーは特定の都道府県や地域に限って営業しているものを指す場合が多いのです。これらの建築会社では建築基準法などの法律以外に会社独自でルールやマニュアルが設けられています。そうした仕組みの範囲内で施主の要望をかなえるので自由度は低い建築方法といえます。しかしある程度規格化されている場合も多く実際にモデルハウスなどが建っていて実際のイメージを確かめることも可能です。

同じ注文住宅でもハウスメーカーなどよりもはるかに自由度が高いのが設計事務所や建築士事務所などの建築士が設計や商談を担当する会社です。建築士によって得意分野が異なり、建築士ごとに完成した住宅の雰囲気が似ている場合は多いですが、それでも施主の要望を極限まで反映した住宅を設計することができるのです。メディアや雑誌で特集されている注文住宅はこうした会社で設計されたものが多いのです。担当してもらう建築士がどのような分野を得意としているのかを見極める必要があります。ですから事前にその建築士が担当した物件を複数見せてもらうことでなんとなく完成する住宅の雰囲気を感じることはできます。建築士によって得意な素材が変わる場合もあります。木材の取り扱いが得意な建築士にコンクリートの注文住宅を依頼するというのは少しもったいないのです。 より専門的な人に任せることでデザインの幅が大きく広がるのです。