土地の価格

海辺の家々

土地の価格金額とその傾向について解説します。土地は家や集合住宅を建設したり、工場や店舗、あるいは駐車場などいろいろな用途に使えます。 そのため、土地の値段は日本経済全体の動向や、その地域での景気などに大きく左右されます。やはり東京23区や横浜市のように、都市部では商業地としての価値が高いため、地価が高くなります。 近年はアベノミクスがうまく行っていることもあり、多くの地域で地価が高くなっています。特に東京や大阪府では数%の上昇が見られます。 東京では銀座のある中央区やビジネス街の千代田区、港区などで地価が高いです。坪当り1000万円を超える地価も珍しくありません。 現在はバブル期に比べればかなり土地の値段は安く、お買い得かもしれません。

我が国では歴史的にも、昔から土地というものは貴重な財産として扱われてきましたが、その理由の一つは、国土が狭い上に山間部が多いからです。私達が暮らしやすい土地が少ないわけです。 特に戦後は焼け野原になった東京が復興を遂げ、世界有数の大都市になりました。その際、高層のビルやマンションなども増えたことで、より多くの人が都市部に集まりました。 これにより、交通の便がよく官公庁などもある都市部では、土地の価格がとても高い水準で変遷してきました。ちなみにバブル経済のときには、投機マネーが流入したこともあり地価がとても高くなりました。 その後反動で地価は減少しましたが、04年頃からまた少しずつ上昇基調となっている状況です。